加齢黄斑変性

眼科

加齢黄斑変性症とは!?眼科医が一般人向けに超簡単に解説する!

加齢黄斑変性症ってなに!?

3つの部位

3つの部位

眼は、大きく3つの部位に分かれていますが、加齢黄斑変性は、このうち「網膜」、上の図で言えばピンクの部分に病気がでるものです。

特に、「黄斑」というのは、視力に影響する「網膜の中心部分」のことを指し、ここに病変が出た場合を「加齢に伴う、黄斑部の変性」ということで「加齢黄斑変性症」と呼びます。

大きく分けて2種類!

大きく分けて、2種類あります。

1.萎縮型

2.滲出型

です。残念ながら、萎縮型には治療法はありません。

滲出型の場合は、「抗VEGF」の「硝子体注射」による対処療法のような治療法があります。

症状は!?

症状は、

・視力が出ない

・ぐにゃぐにゃみえる

・なんだか見えずらい

とにかく、「見えずらい」というのが症状です。

診断は!?

見えずらい、という症状から想定される病気は本当にたくさんありますが、この「加齢黄斑変性症」の診断は

ずばり、「OCT」という画像検査をすれば、一発でわかります。

正常黄斑部OCT

正常黄斑部OCT

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

上の画像のように、OCTを見たら、一発です。

治療法やコスト(費用)、視力予後は?

実際、視力予後はあまり良くありません。

治療法には「抗VEGF薬」の「硝子体注射」などがありますが、一時的に良くはなっても3か月程度したら、再発して繰り返し注射をする人がほとんどです。

しかも、この注射、めちゃくちゃ高い。コスト(費用)ですが

1本0.3ml程度で、15万円くらいします。薬代だけで。

つまり、3割負担でも、それだけで1回4.5万。

保険診療でやったとしてもです。

病院への利益はほぼ0円か、あっても数千円程度。

注射するための、消毒や清潔な術野の確保のためのコストや、医者と看護師を雇うコストを考えたら赤字です。

それで、「いったん良くはなっても、また悪くなる」やっかいな病気です。

儲かるのは薬屋だけですね。

では、予防はどうでしょうか?

予防は?

実は、「片眼に加齢黄斑変性症」が発症してしまった人の、「もう片眼の予防」について「しっかりとしたエビデンスのある予防方法」があります。

AREDSという大規模多施設共同研究で証明されていることですが、「ルテイン」の摂取です。

ルタックス

ルタックス

 

何万人規模の実験(というと言い方が悪いですが、事実です)で、ルテインの摂取が加齢黄斑変性の予防に効果が出る、というのが証明されています。

巷で売っている、胡散臭いサプリメントとは、「エビデンスのレベル」が格段に違います。

「確実に効果が出る」と分かっていることが、証明されているからです。

ちなみに、ここ→Amazonでも買えます。

また、「タバコ」はリスク因子です。なので、たばこは控える、というより一切やめるのが良いと思います。

加齢黄斑変性症のまとめ

1.網膜の病気

2.視力予後は悪い

3.2種類のうち、治療法「抗VEGF薬」の適応があるのは滲出型だけ

4.注射を打っても、再発する

5.予防にはルテインが良い

以上です。もしも、この記事が「いいね!」と思った方は、こういったわかりやすい医学情報を発信していますので、TwitterのフォローやYoutubeの登録などをよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人

みやこのじょん

若手医師 兼 新人ブロガー 2020年4月、田舎への転居&コロナ自粛をきっかけに、YoutubeやTwitterなどの閲覧時間が爆増。楽しむ側になるだけではなく、自分もいろんな人を楽しませたい!とネットでの活動を開始した。 趣味はネット。人生とは楽しむものである、がモットー。

-眼科
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 AGAクリニック中の人 Powered by AFFINGER5