ブログで稼ぐ方法 記事の書き方

【たった一つのコツ】ブログのネタに困った時の最強解決法

2022年6月16日

いざブログを始めたはいいが、何を書いたら良いのかがわからない人もたくさんいると思う。

実際に僕も、何を書いたら良いのかわからず今までずーっと迷走していた。

しかし、最も簡単なたった一つのコツを見つけたのでそれを共有したいと思う。

問題提起が大事

記事を書いて稼ごう、と思ったら「悩みを解決する方法を書く」のが一番良い。

なぜなら、解決ができる悩みについて書かれているものほど読まれやすいからだ。

SEO対策や、小手先のテクニックなど要らない。

とにかく、「どういう目的で人は自分の書いた記事を読むのか」ということだけを考えて記事を書くのが良い。

その目的は、「悩みの解決」であれば読まれやすいというわけだ。

なので、この記事の目的は「何を書いたら良いかわからないという悩みを持った人たち向けにその悩みを解決する」という目的で書いている。

まずは、ここからだ。

いきなり解決策を提示する

そう、まず、解決の方法をズバッと述べる。

そうすると、悩みを持った人は「あぁ、そうなんだ、こうすれば自分の悩みが解決するんだ」と、まず頭の中でドパミンが放出される。

そして、次の文章を読みたくなるのである。

その理由を解説

そして、悩みがその方法で解決する理由を述べる。理由が理解できるものであれば、説得力がますからだ。

悩みを解決する方法と、その理由について書き始めるといくらでもアイデアが出てくる。

だから、悩みは複雑であればあるほど良い。ただし、解決策はシンプルでないと読んでいる人が理解できないこともあるから要注意だ。

理由を裏付ける例を提示する

この、説得力が増すという点において最近「この記事は月収〇〇万円稼いでいる✖︎✖︎が書きました」的なハロー効果を狙っている記事もたくさんある。

確かに、実績があればその効果は抜群であろう。

しかし、99%の人は「結果が出ていない」。

そのハロー効果を使おうにも使えない、もしくは無理やり書こうとして逆ハロー効果を生み出してしまう。

なので、ハロー効果で理由の裏付けを強化すると言う方法は一部の人しか使えない。

では、どうやって裏付けをするのか?

それは、エビデンスを使う方法である。

医療分野で治療をする時などで使われる用語だ。

「そのエビデンスは?」

というのは、「その根拠は?」

という意味だ。根拠と理由は少し違う。

根拠は正しさを証明するものであり、理由は自分の考えを説明するものである。

「これはこれこれこういういう理由で効果があります!」と言っても、その情報源が本当に信頼できるかどうかはわからない

 

例えば、

”エクソソームが幹細胞から出される物質で美容医療に効果があります”

 

という文章があり、「理由としてエクソソームというものは〜、、、」という説明が必要だとする。

この時「実際にその効果があるということの証明」をするためには、適切な実験と統計学的手法を用いる必要があるのだ。

 

この時、下の論文で証明されていますよ?と言われたらどうか。

エクソソームの論文(PubMed)

押してみると新しいタブで論文が開かれただろうが、読めるか?意味がわかるか?おそらくちんぷんかんぷんだろう。

でも、「何となく、凄い!論文があるんだ!証明されてるんだ!」と思った人も一定数いるだろう。

しかし、よく考えてみて欲しい。

エクソソームとは何か?(リンク先はWikipedia)

意味わかる?わかんないでしょう?

 

それでも、実際に商品が出ている。

 

こういう訳のわからん美容医療なんてエビデンスのあるものはほとんど皆無であろう。

しかし、ほとんどの人はそのエビデンスを確かめる能力もないから、結果的に実体験や口コミなどに依存している。

 

例えば、先ほどのエクソソームの話だが、

Youtuberのひかるが自分自身を実験台に10年間いろいろな肌改善のための美容医療をやっていて、一番効果があったのがこのエクソソームの美容医療だった!

と言われると、なんとなくそんな気がしてくるのである。

 

ただ、実際に効果があるのか証拠を検証することは素人には難しすぎる。

 

なので、「じゃあ、エビデンスを示すなんて超絶ムズイじゃん!無理じゃん!」と思うかもしれないが、よくよく考えてみて欲しい。

素人は、エビデンスかどうかの判断もできないので、「それっぽい証拠を書いておく」だけでいいのだ。

 

それっぽい証拠というのは、先ほどの「PubMed」での論文であったり、「YouTuberの体験談」であったり、「口コミ」であったりだ。

 

そう、こういうことだ。

それっぽい情報を、それっぽく提示する。これだけで、さらに理由がそれらしく強化されるのである。

最後にもう一度結論を言い、自分の自己紹介をする

"ブログのネタに困ったら「問題提起をすれば良い」"

というように、もう一度結論を言おう。

その後に理由、エビデンスの提示を行い、悩みを解決してあげる。これがブログの記事を書くコツである。

最後にもう一度結論を言うことで「あ、そういえばこの記事を、読んだきかっかけはこれだったな」「読んでよかった、有用だったな」と思い出させるのである。

そして、自己紹介をしておく。

なぜなら、自分を認知してもらうことで同じブログの他の有用な記事を読んでもらいやすくするためだ。

 

ブログを書きたくなった人は是非、Xserverでサーバー契約(1年間1万円くらい)してみてください。

解説方法は下記にあります。

参考初心者がアフィリエイトで稼ぐためのブログ開設する方法

”ブログで稼ぎたい!でも何やればいいの?全体像を知りたい!”という人はこちらの記事を参考にしてください。 この記事は”アフィリエイトで稼ぐためのブログを開設する方法を知りたい!”という人向けです。 ブ ...

続きを見る

 

ちなみに、僕は2020年4月から田舎に引っ越した眼科医の「みやこのじょん」という者です。

数々のSNSやYouTube、ブログなどに手を出すも全て失敗(逆ハロー効果)、今は細々とただの眼科医やってます。

 

一発逆転狙ってオンライン診療クリニックを友達と立ち上げましたが今のところ赤字です。これも良い経験となりました。ただ、しっかり効果の出る薬は使っているので、もし薄毛治療をしたい方はどうぞ。

TwitterもやってますのでDMください。ではまた。

僕のTwitter

 

  • この記事を書いた人

みやこのじょん

若手医師 兼 新人ブロガー 2020年4月、田舎への転居&コロナ自粛をきっかけに、YoutubeやTwitterなどの閲覧時間が爆増。楽しむ側になるだけではなく、自分もいろんな人を楽しませたい!とネットでの活動を開始した。 趣味はネット。人生とは楽しむものである、がモットー。

-ブログで稼ぐ方法, 記事の書き方
-, , , , ,

© 2022 AGAクリニック中の人 Powered by AFFINGER5